2022年1月12日水曜日

集団的な思いやり

2022年1月13日

集団的な思いやり

https://www.heartmath.org/calendar-of-events/special-care-focus-collective-compassion/





コロナウイルス規制の2年後、集団的な精神的、感情的、身体的なシステムにおいて、世界的なストレスが増加しています。米国でオミクロンの変異型が検出されたときに行われた世論調査では、10人中6人がパンデミックによって「消耗した」と答えています。多くの人が、耐性を維持するのに苦労し、イライラや怒りの導火線が短くなっていると述べています。また、不確実性が不安を強めているという人もいました。このような感情の高まりは、国や政府、そして私たちの社会における分裂や分離を増幅させます

良い面は、私たちはこの社会の侵食に加担しないことを選択できるということです。この侵食は、私たちの相互のつながりから心のエネルギーを消耗させます。私たちの相互作用におけるこの継続的なケアエネルギーの枯渇は、長い目で見れば、ウイルスや巨大な嵐などよりも大きな被害をもたらす結果になりかねないのです。

このシナリオを相殺するために、私たちは、多くの人が経験したストレス負荷と強迫を考慮し、人々は彼らができる最善のことをしていることを理解し、お互いに、そして自分自身に思いやりの余裕を増やすために効果的な心の選択をすることができます。私たちの心の中には、私たちの多くが同じような思考、感情、課題の高低を経験している可能性があることを感じ取ることができます。

お互いへの思いやりを高めることで、自分の感情の平静を失うことなく、相手のストレスポイントに共感する能力と回復力を得ることができますハートのエネルギーが私たちの相互作用の中でますます動き出すと、私たち自身の厳しい判断や分離的な感情が薄れ始め、より優しく、一緒に協力したいという気持ちに変わっていきます。そうすることで、全体にとってより良い解決策を導き出すことができるのです。これは、スピリチュアルな信念に同化する必要はなく、単純な常識なので、今すぐできます。

私たちは皆、不確実な霧の中で、時には咄嗟に人生を左右するような決断をしなければならない緊張とともに、同じような過ちを犯していることに気づくので、思いやりのある余裕が他人に対する判断の多くを置き換えることになるのです。私たちは皆、ストレス過多になる瞬間がありますが、「思いやりのある余裕」はその助けとなるのです。

あなたは、職場で誰かがミスをしたときに、その人に何のゆとりも与えずに強く批判したことがありますか。そして、家で家族から、あなたがどんなに不機嫌で一緒にいるのが辛いかと言われ、次にあなたの口から出た言葉は、「仕事で大変なストレスを抱えているので、少しゆとりをください」というものですか。つまり、私たちは他人には「余裕」を示さないかもしれないが、自分には「余裕」があると嬉しいのである。特に私たちが経験する社会的適応のプレッシャーのかかる時期には、目に見えないけれども、はっきりとした利点があるのです。


「思いやり」というテーマは今、世界的なトレンドとなっており、思いやりと協調性を高めるとともに、人類が生存から繁栄へと前進するための希望が感じられるようになっています集団的な思いやりのあるケアは、人類が目覚めつつある次のレベルの知性の基本的な要素であることを、より多くの人々が今感じ取っているのです。人類が今、地球全体で経験している集合的なシフトは、私たちがハートを開き、思いやりのあるケア、優しさ、許し、協力、そして再出発で互いに接するように目覚めさせるための時間解放の勢いを作り出しています。

お互いへの思いやりを高めるために積極的になりましょう。それは、私たちが今経験しているこの惑星の瞬間を明るくすることができる、実用的で一般的なストリートセンスであると捉えてください。思いやりは行動する知性であることを理解し、それを生き方として導入しましょう。お互いをもっと思いやることは、私たちのハートの直感的なガイダンスが私たちの決断の監督者になったとき、私たちと繁栄した幸せな未来の間にある密度の雲を取り除くための秘密のソースになります。この雲がいつまで私たちの惑星の上に停まっているのかを決めるのは、私たちの選択なのです。ハートを開いて、もっと関心を持ち、新しい現実を創造しましょう。

ケアフォーカス ー 集合的な思いやり

  1. 誰かや何かに感謝する気持ちを放ちながら、静かな呼吸から始めてください。これは、私たちのハートを開き、温め、波動を上げるのに役立ちます。
  2. 次に、人々が経験している困難を和らげるために、純粋なケアと思いやりの心の感情を、惑星のエネルギーフィールドに放射してください。
  3. 今度は、判断、フラストレーション、寛容さの欠如を、他人や自分に対する思いやりのある寛容さに置き換える練習をしている自分を見てください。思いやりのある寛容さとは、ほとんどの人が、自分の生い立ちや意識、ストレス過多の状態に応じて、できる限りのことをしているという理解を持っていることを思い出してください。何日か続けて練習することで、多くのストレスを防ぐとともに、この貴重な習慣を定着させることができます。
  4. 人類が現在経験している危機は、人類と地球の新しい可能性を明らかにする集合的な思いやりのハートの目覚めを増加させていることを思い描いてください。
  5. 最後に、人間、動物、木々、そしてすべての自然を含め、この時期にストレスを感じ、苦難を味わっているすべての人に、私たちの集合的な思いやりを送ることによって、締めくくりましょう。

ケアしていただきありがとうございます。

Global Coherence App、Synchronized Care Focusのイベント、アプリのダウンロード方法についてはこちらをご覧ください。





0 件のコメント:

コメントを投稿

新食品管理システム導入、管理体制強化のために手段を選ばず

2022年4月27日 新食品管理システム導入、管理体制強化のために手段を選ばず https://www.coreysdigs.com/global/new-controlled-food-system-is-now-in-place-and-they-will-stop-at-n...